硬いものを食べる

腹八分目で我慢して、ダイエットするには、硬いものを食べるのが効果的です。
食事に時間をかけると、満腹中枢からサインがでて、たくさん食べ過ぎてしまう前に食事をストップすることが出来ます。

早食いの人は、確実に満腹するまで食べてしまいます。
ですから、時間をかければ食べる量を減らすことが出来ます。

そのために、硬いものを食べるのです。
硬いものを食べれば、時間がかかりますよね。

といっても硬いものってそんなに多くないですね。

結構毎日食べるものの多くは柔らかいのです。
ですから、硬いものを料理に使うのは難しいのですが、間食などを硬いものにするのは効果的です。

オススメは煮干し、スルメですかね。
どちらも海産物ですから、栄養素も有ります。

加えて、硬いので食べるのに時間がかかり、少し食べて満腹感を味わうことが出来ます。

硬いものを食べるようにして、腹八分をキープしましょう!

Posted in 食べ過ぎを抑える方法 | Tagged , , , , | コメントは受け付けていません。

ストレスがドカ食いと関係がある理由

腹八分を実現できずに、ついつい食べ過ぎてしまう事があります。
食べ過ぎには実は色々な原因があります。

一番多く見られる原因がストレスかもしれません。
ストレスにさらされると、気を紛らわそうとする思考になります。

嫌なことがあったら飲みたくなるのもこの現象です。
そして、感情をコントロールすることができず、ドカ食い、泥酔となるのです。

ドーパミンというホルモンを聞いたことがありますか?
ドーパミンが分泌されると、食欲が出るようにできています。

ドーパミンは食事をした時に出てくるホルモンです。
少し食べたりすると、もっと食べたくなる感情があるのは、このホルモンのせいなのです。

健康な状態でドーパミンは悪さをしません。
一定量食べたらそれで満足するように出来ています。

しかし、ストレスがある時にもドーパミンが分泌されてしまうのです。
ですからついつい食べ過ぎてしまうという現象を止めるには、ストレスの原因を取り除かなければならないのです。

Posted in 食べ過ぎ | Tagged , , , , | コメントは受け付けていません。

脳をコントロールして腹八分目を維持!

腹八分目を続けるには、最終的には満腹サインを出してくれる脳の司令塔をコントロールしなければなりません。

満腹になったかどうかのサインは脳から出るからです。
うまくコントロールできれば、食べる量を簡単に減らすこともできるのです。

実際、別腹という言葉あります。
お腹は一杯なのに甘いものを見ると、一気に食欲がよびさまされますよね。

これ、脳から空腹サインが出てしまっているのです。
空腹というよりも、むしろ食べたいサインというほうが良いかもしれません。

そのサインをうけて、胃では甘いものを取り入れる場所を確保しだします。

ですから、このサインを止めることができれば、腹八分をいつまでもキープすることができるのです。

その方法は簡単です。
デザートや、おいしいものを目に入れないという方法です。

目に入らなければ、食べたい食欲サインは出てきません。
どうしても腹八分目で食事を止められないなら?

Posted in 食べ過ぎを抑える方法 | Tagged , , , , | コメントは受け付けていません。

食事の食べ過ぎ防止策

腹八分目をしっかり維持したいのですが、ついつい食べ過ぎてしまうということがありますよね。
自分との戦いだと思うのですが、その戦いに勝つことのできない人もたくさんいます。
そんな人は、麦ごはんを食べてみるのはいかがでしょうか。

麦ごはんは、満腹感を与えてくれる食材なのです。
満腹感が持続しやすいので、腹八分目でご飯をストップすることができるというわけです。

麦ごはんになぜそんな秘密があるのでしょうか。
大麦の中には、食物繊維が含まれているのです。

この麦の中に含まれている食物繊維は水溶性、つまり水に溶け込んでいます。
水に溶けない食物繊維の場合は、デトックス効果が有名ですね。

水溶性食物繊維は、免疫力を高めたり、脂肪をためにくくしたり、する効果があります。
さらに、水溶性と行っても粘り気が強いという特徴があります。

粘り気があるので、食事で摂取した後体内に取り入れて吸収するまでに時間がかかるという特徴があります。
これこそ、まさに満腹感の理由です。

麦ごはんで満腹感を維持できれば、食事の量を減らすことができ、腹八分目を維持しやすい体質に変えていくことすらできるかもしれません。
どうしても腹八分目で食事を止められないなら?

Posted in 食事法, 食材 | Tagged , , , , | コメントは受け付けていません。

とても簡単に食事をセーブする方法

腹八分で食事をやめるコツがあります

とっても簡単で、お金もかかりません。
その方法は、食品のラベルを見るのです。
もちろん、料理するとき、食べる前に見るのです。

どんなものでも大抵食品ラベルがついています。
このラベルを見て、カロリー量や、脂肪分、栄養素などを必ずチェックするようにしましょう。

要するに、自分の食べようとしているものが、どのくらいのカロリーを含むのか、体に負担になるのかならないのかを理解して食べるのです。

この単純な作業で実は食べる量を自然とセーブするようになるのだそうです。

食品ラベルを見ないで、どのくらいのカロリーになるのか知らない人よりも、食べる量をセーブすることができる。
とても簡単で誰にでもできる方法ですよね。

人間心理で、やはり体に良くないもを避けようとする力があるのですね。
その傾向をうまく使用すると、腹八分で食事をやめるように促すことができます。

もちろん、すべての食品にラベルがついていないかもしれませんが、作った料理がどんな成分でどのくらいの量になるのかを理解するようにしましょう。
どうしても腹八分目で食事を止められないなら?

Posted in 食べ過ぎ | Tagged , , , , | コメントは受け付けていません。