お茶碗の大きさが大切

ついつい食べ過ぎてしまう一つの要因として、お皿の大きさがあります。
お皿が大きすぎると、ついつい入れすぎてしまい、残すのはもったいないなと食べきってしまうのです。

お皿を過小評価してはいけません。
腹八分をしたいのなら特にお皿の大きさは注意が必要です。

ご飯のお茶碗は特に少し小さ目のものを使用しましょう。
以前、大きなどんぶりのお椀を使っていたことがるのですが、やはりご飯を食べてしまいます。
小さなお椀にすると、少しのご飯しか入れられませんし、お代わりが面倒だったりして、少量で済ませやすくなります。

丼ものには注意が必要です。
カレーなども同じように注意しましょう。

大きな器に入れてしまえばしまうほど、それを食べることができてしまう料理といえます。

お皿を小さくして、ゆっくり食べることで、腹八分を行いやすくなります。

Posted in 食べ過ぎを抑える方法 | Tagged , , , , | コメントは受け付けていません。

仕事も腹八分!

単に食事だけではなく、仕事も腹八分にすることが健康に非常に重要だとされています。
真面目な日本人には、仕事に一生懸命になる人が多いかもしれません。

そして、求められるがままに常に120%の力で仕事を行い続けます。
一瞬120%の力を出すのなら良いのですが、常に120%の力を出し続けていると、疲れきってしまいます。
結果倒れ、何もできなくなるだけでなく、家族や他の人にも迷惑をかけてしまうのです。

そうなることがないように、仕事も腹八分を目指しましょう。
つまり、仕事を行うときに80%くらいのちからで行うように調整するのです。

80%の力とはいったいどのくらいの事を言うのでしょうか。
何%の力を出しているのかは、結構わかりにくいですよね。
わからないから、力を込めすぎてしまうのです。

力を抜くのに良い考え方があります。
やらなければならない仕事を10個あげるとして、そのなかの2個を済ませるなら、一日にやるべきことの80%を終わらせることができる、という言葉を聞いたことがあります。

つまり、一日にやらなければならないことの中で重要なことはそれほどないということです。
一番大切なものから2つくらいをこなすことに注意を集中したら、後は力を抜きましょう。

仕事も腹八分でやめて、健康生活!

Posted in 仕事を腹八分 | Tagged , , , , | コメントは受け付けていません。

食べ過ぎが血圧を上げる?

食べ過ぎは血圧を高める危険が有ります。
食べ過ぎることで、実は血圧が上がるので、高血圧の治療として食事制限が有りますよね。

どうして食べ過ぎることで、血圧が上がってしまうのでしょうか。
もちろん塩分を摂り過ぎてしまうということが原因の一つとしてあげられます。

しかしそれ以外の原因も考えられます。
食べ過ぎることで血管が老化しやすいと言われています。
少し前にNHKでも放送されていました。
血管年齢は、老化につながります!

食べ過ぎることで大量の糖分が血管の中を行きめぐるのです。
その糖分が原因で、血管が硬くなってしまうと言われています。
硬くなるということは、簡単に割れたり切れたりしやすいということです。

それに加えて、広がったり縮んだりもしにくくなりますから、血圧も高くなりますし、動脈硬化にもなりやすいのです。
ですから、食べる量というのはとても大切なことなのです。

食べる量が多すぎる生活を続けていると、老けるのが早くなり、見た目も体もぼろぼろになってしまいます。
適量を食べるように生活を調整しましょう!
食事の食べ過ぎ防止策

Posted in 食べ過ぎ | Tagged , , , , | コメントは受け付けていません。

強制的に食べ過ぎを抑える方法

強制的に腹八分目で止める方法!

食欲を抑えることができずに、食べ過ぎをやめられないという方必見です。
強制的に抑える方法があります。
脳をコントロールして腹八分目を維持!
使用するものは、コルセットです。
美しいボディラインを実現させてくれるコルセットですが、今回は食べ過ぎ防止として使用します。

空腹時にウエストをきちんと占めてくれるサイズのコルセットを着ましょう。
一日コルセットを着たまま過ごします。

食事をするタイミングで、食べ過ぎてお腹が出てきた時に、コルセットに締め付けられて、もう食べれないと感じるのです。
お腹がはってきて、でもコルセットによってお腹がはる大きさがきめられていますから、苦しくなるのです。

満腹感は食べてからしばらくしてからくるものですが、このようにコルセットによって食べ過ぎたかどうかを他の五感で感じさせることができるのです。

ちょっと無理やり過ぎるようにも感じます、これ結構効果的なんですよ。

Posted in 食べ過ぎを抑える方法 | Tagged , , , , | コメントは受け付けていません。

小皿を増やすだけで?

昔の人は良く小皿をたくさん使うような料理を作ったそうです。
実際私の親の世代も、小皿がたくさん食卓にのぼります。

一人ひとりにそれぞれ小皿が用意されて、その小皿に少しづつ料理が乗っています。
お箸でひとつまみでなくなってしまうような量の胡麻和えだったり、豆腐が四角く小さく切られて乗せられていたりします。

いやいや、これ少ない!!と突っ込みたくなったのですが、たくさんおかずがあるせいか、食べているうちにお腹がいっぱいになってしまうのです。
食べた量は少ないはずなのに・・・・・。

腹八分目にするコツは、小皿です!
大皿にドカンとのせていますと、際限なく食べてしまいがちです。
むしろ食事の量を決めて、それぞれの人に分けてしまって出すことで、食事を制限することができるのです。

小皿をたくさん出すだけで、食べる量を制限することができます!
洗い物などは面倒になりますから、そこは健康のために割り切って頑張らないといけませんね。

Posted in 食べ過ぎ, 食べ過ぎを抑える方法 | Tagged , , , , | コメントは受け付けていません。